2015年09月27日

TOEICのリーディングセクション

こんにちはATSUです。

ブログの更新が遅く申し訳ございません。
最近の動画投稿はTOEICリーディングに関するものが多いです。
なぜかというとTOEIC試験が未だに受験者で言えば他試験と比較してかなり規模が多いためニーズが高く、またはリーディングの方が点数が取りにくいことからこうした動画投稿が役立つと考えたからです。

さて本日(9月27日)の時点で以下の2つの動画を作成しております。

パート5(穴埋め)(パート2は9月28日投稿予定です!)


パート7(長文)



これらの動画を見て頂いた方はお分かりの通り、TOEICは問題をそこまでしっかり読まなくても解ける問題が数多くあります。

英検、TOEFL、IELTSは私は全文しっかりと読みますが、TOEICは読まなくても解けてしまいます。そして多くの人がそれに気づいているのです。

テクニックでそれなりの点数の伸びを実現できる試験であるということをです。

それゆえ、TOEICの点数向上といういわゆる短期的なインセンティブに翻弄されて、英語力の底上げをせず、とにかくTOEICの問題を何度も解くという学習が学習のほとんどを占めるかたが多い気がします。

私は問題を解く英語学習、資格試験を使った英語学習は全く否定しません。私個人も試験を一つのモチベーションにして学習を続けてきました。しかしそれは英語の基礎がしっかりと形成されていることが条件です。基礎があれば、試験の学習をして2カ月程でどんな試験であれ劇的にスコアが伸びます。

しかし基礎が無い場合、問題を解くという作業は英語力の向上というよりは慣れや技術的な部分での寄与率が高い作業なので、頭打ちすると私は思います(もしくは短期で結果が出ない)。

こうしたことを踏まえると、最初は辛いかもしれないが基礎固めにしっかり時間を取ると、今後の学習がかなり楽になるということが分かると思います。

現在中途半端な点数でそれ以降が中々伸びないひとは基礎を再確認してみてはいかがでしょう?

基礎に関してはロードマップの記事は英語の基礎づくりの記事を参照下さい。
またそれらはインプット作業で、アウトプットに関しては独り言や
レアジョブ英会話

を是非参考にしてみて下さい。

最後に







ポチっとお願いします!



英語 ブログランキングへ
posted by ATSU at 23:04| Comment(24) | TOEIC 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

留学で英語が伸びるは大間違い! 正規留学編

こんにちはATSUです。

2つ目の留学は正規留学です。



つまり実際に海外の大学、大学院に留学すると言う選択。
私はオーストラリア国立大学の大学院に専攻である会計を勉強しに行きました。皆さん聞いたことあるかもしれませんが、英語圏の大学は日本と違い入学するのは簡単ですが入ってからがかなりきついです。

毎日遅くまで図書館で皆学習し、試験だけでなくグループワークやリサーチなど、正直ほぼ勉強勉強の毎日です。ここで気を付けているのは専門を英語で勉強しているのであって、英語を勉強しているわけではないのです。メインはあくまで専門分野の学習であり、英語はツールでしかないのです。確かに専門用語や、アカデミックなワードは自然に覚えるかも知れませんが、どうしても英語力にフォーカスした留学ではないので、劇的に英語が伸びることはありません。私は2年間大学院に在籍しましたが、英語力はちょっと下がったような気がします。特に単語力が落ちました。

お分かりの通り、語学留学や正規留学をしたからといって英語が劇的に伸びることはありません。
海外で英語を勉強して得られる効果は、何度も言いますが

独り言 や
レアジョブ英会話


で得られます。


だからといって留学自体を否定しているわけではありません。英語に関しては費用対効果が少ないと言っていますが、留学でしか得られないこともあります。そのうちの一つに自国日本とそれ以外の国を比較し、それぞれの良い点悪い点を自分なりに整理出来るようになるということがあります。正直日本には「日本はダメだ。海外はああでこうで」って言うひとが沢山います。正直私も日本は閉鎖的でどうだなど、海外至上主義みたいな幼稚な考えをしていたこともありました。しかし実際に今こうやって海外に住んでみると、日本はインターネットも速いし、物は安いし、飯はうまいし、良いこともいっぱいあるんです。確かにこちらの方が良い点もありますよ。ただそうした単純なことから、両者を比較できるようになるって、小さなことに見えますが大きな財産だと思うんです。

そうしたことも含めて、私は留学等を通して、海外に少し身を置くのは、してみても面白いんじゃないかなと思います。ただ英語力を伸ばすために海外に行くんだ、日本では英語は伸びないと思っているひとは、考え直した方が良いと思います。

さて、ここまでは動画で話した内容です。

ブログではこれらに加え、大学の交換留学プログラムについて話そうと思います。

これは私の経験したことのないタイプの留学ですが、正規留学中にこうしたものを利用して日本から来ている学生がいました。このプログラムが良いか悪いか考える時、私なら何を考慮するだろうかを述べようと思います。ちなみに英語力に関しては、正規も交換もあまり変わらないかもしれません。それ以外のファクターを考えます。

1.留学先での単位取得が可能か
留学先の授業で、日本で留学しないで居た場合に取れたであろう単位取得と同等の単位取得が出来るかは重要だと思います。取れるなら是非行って良いと思います。取れない場合、一年卒業が遅れます(1年留学なら)。そうなるのであれば私は行きません。なぜか。私は卒業が遅れたりすることは気にしないのですが、1年学部が伸びるような留学なら、さっさと学部卒業して、1年で修了できる大学院正規留学した方が学位も取れるし、交換留学生として甘やかされないし、入学、卒業を達成するためにする多大な努力、経験は交換では得られないと思うからです。ただ正規になると確かにコストの問題があります。次を見て下さい。

2.コストの問題
交換留学プログラムにかかるコストはどのくらいでしょうか。生活費や授業料が大学が全て出してくれる等、かなりコスト面での負担が低い場合、非常に魅力的だと思います。ただコストがかなりかかるようであれば、上記のように正規留学良いと思います。正規留学は奨学金等を得られる可能性があるし、もしかすると交換よりも安いコストで学位取得まで出来る可能性があります。

まずこの2つを考えます。コストが非常に安くて、卒業も影響ないなら交換をとりあえずします。その後正規したければすれば良いし、就職したければすれば良いと思います。しかしコストが高い、もしくは1年余計にかかってしまうなら、学位を取りに行きいます。

学位の話を結構していますが、これは就職に関連しています。私は就職就職言いたくないし、もっと自由に生きて良いと思うのですが、現実問題学生は就職が気になると思うのでここではそれを考慮して話していきます。

留学すると就職が大変になると思う方多く居ますが、そんなことはありません。
海外大学の学位があると、日本で海外大学生用のフォーラムに出れます。ボストンフォーラムがメインですね。そういったところで1〜2日で内定を取れるような機会を得られます。日本のように何カ月もかけて就職準備をするようなことはせず、数日間で効率的に就職活動をする機会が得られます。ですので就職活動は心配しなくて良いし、むしろ楽になると思います。あくまで私の意見です。


最後に
ポチっとお願いします!



英語 ブログランキングへ














posted by ATSU at 23:22| Comment(21) | TOEIC 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

英語らしい発音にする為にリエゾンを意識しよう! A&B 

こんにちはATSUです。

残りの

S+Y=SH
D+Y=J

の動画もアップしましたので是非ご覧下さい。





さて、S+Y=SHについてですが、結構arguable になってきました。笑

ネイティブ(アメリカ人)のコメントによるとS+YはSHの音にはならず、Sが少し伸びたS+Yの音になるということです。

しかし私自身SHの音になるリエゾンは聞いたことがあり、例えばforce yourselfがforshuaself のようになったことがあります。

州等により違うだけなのか、それとも私の勘違いなのかわかりませんので、現在何人かのネイティヴから意見を募っています。結論が出ましたらご報告しますね。

ポチっとお願いします!





英語 ブログランキングへ
posted by ATSU at 17:43| Comment(7) | TOEIC 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする