2017年03月23日

歌詞動画の定義づけ、作成経緯、意図

こんにちは!

ATSUです。

最近投稿頻度が上がっていることもあり、久々にブログを更新していきます。

歌詞動画の内容についてまとめが欲しいという要望がチラホラありましたのでそれらはここに作ろうと思います。











出来れば動画で使用した全部の歌詞と全部の訳を掲載したいところですが、著作権の問題でそのような行為は好ましくありませんので、それは行わないことに決めました。

それでは動画中の歌詞の掲載はどうなるの?とおっしゃる方も居るかと思いますが、Youtubeというプラットフォームでの著作権関連の事項は主にYoutube自体と著作権団体とのAgreementと、Revenue Sharingという著作者と広告収入をシェアすることを状況に応じて同意することで守られているので、ブログとは状況が異なることをご理解下さい。

また、歌詞動画をどのような意図で作っているかについてを理解して頂きたいので、以下に定義づけ、作成経緯、意図を記しましたので以下宜しければお読みください。

「歌詞動画の定義づけ、作成経緯、意図」

まずこれら歌詞動画を一言で表せば

「私個人の英語学習の副産物であり、これまで動画等を通じて紹介した英語学習方法の適用を過程に置くことで得られた知識の集合」

と私は考えています。

このように動画を定義した上で、まず歌詞動画作成をするに至った経緯についてお話いたします。

歌詞動画作成の一番根底にあるのは、私個人が「歌詞を使用して英語学習をしよう」と考えたことがあります。洋楽の歌詞を使って学習することで自分の英語力を向上させること、これが一番のベースとしてあります。 しかし学習に費やす労力の対価を自分の能力向上だけに留めるのではなく、他の学習者の方々、特に私の英語学習方法を参考にして頂いている方々にまで波及させることが出来ればより良いと考え、私個人が行う、歌詞を使用した英語学習の過程を通じて歌詞動画という副産物も作ることが、それを達成する上で最適と判断しました(結果動画編集に予想以上に労力がかかってしまい、対価の波及ではなく単純に追加労力による価値提供になってしまっているのですが、やると決めたのでとりあえずは続けます 笑)。 ゆえに、歌詞動画は私がこれまで動画でご紹介させて頂いた自身の学習方法を適用した結果得られた知識の集合となります。

この動画作成に至る経緯を踏まえた上で、私個人が(視聴者個人がそれぞれの目的に応じた側面から動画を捉え視聴すべきことは十分承知の上で)考える動画の意図は これまで英語学習方法紹介の動画で何度も強調している英語学習の基礎 「文法・単語」 に対して、私個人が実際に学習を行う際どれだけ掘り下げて学習をしているかを理解していただくことで、英語の基礎づくりに始まり、運用学習におけるまで、どの程度の深みをもって学習方法を適用すべきと私が考えているかを理解してもらうこと です。 それゆえ、動画の中では単語と文法に特化して話をし、出来るだけ「大体文法はこんな感じ」、「全体の和訳はこんな感じ」といった、ざっくりとした捉え方は避けるよう心がけています。 よって、これまでの英語学習方法に関する動画を理解して頂いた状態でこれら歌詞動画を視聴していただくことで、単語と文法がなぜ私が重要と考えるのかを実践的かつ感覚的に理解していただくと同時に、これらの側面においてどれくらいの深堀りを英語学習の中ですべきと私が考えているかを理解していただければ、個人としては嬉しい限りです。

また歌詞動画は学習方法の動画ではなく、学習方法実践の類だと思います。学習方法に関する動画も今後上げていく予定です。

それではみなさん引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ






posted by ATSU at 17:22| Comment(0) | 歌詞動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: