2016年06月13日

英語の基礎づくりと英語学習の全体像 Part1

こんにちはATSUです。

もうご覧になった方もいるかと思いますが、先日は
「英語の基礎作りと英語学習の全体像」
に焦点を当てた動画を初公開いたしましたのでまだご覧になっていない方は是非ご覧下さい。



慣れないホワイトボードも使用して頑張って説明しましたが、理解していただけましたか?

今回動画で話していることを簡単にブログでもまとめてみようと思います。

私の考える「英語の基礎」は主に3つの構成要素からなります。

単語、文法、その他

の3つです。他の記事や動画でも触れていると思いますので、しつこい印象を受けられるか

もしれません。しかし、私が英語学習の話をするときにどういったことをベースにしている

のかをしっかり理解していただくと、今まで私の説明でよく分からなかった部分もクリアに

なる可能性がありますので、繰り返し強調しています。

単語、文法、その他

その他は、動画でもお話したような単語、文法以外の要素全てです。例えば、「発音とアクセント」や「表現使用時の細かいニュアンス」などです。

皆さんには

1.なぜ「英語」というものがこれら要素に分解されるのか

2.そして、特に基礎形成において重要なものが「単語と文法」なのか


についてよく理解して頂きたいのです。

英語とは何か、まず考えて見ましょう。様々な幅、深さの切り口で見ることが出来ると思います。

言語、単語の羅列、音の連続などなど。。。

私は英語というのは「文の集合体」だと思っています。

なんか、当たり前すぎる話ですよね。しかし、これをちゃんと考えると学習が進みやすくなると思いますので、是非一緒に考えてみてください。シンプルなものほど置くが深いものです。

英語を「読む」ケースを考えて見ましょう。

英語を読むとき、目に入ってくるのは、文ですね。タイトルだとか、目次は単語だけかもしれませんが、文に単語が含まれているので、文という定義に内包しましょう。当たり前ですが、英文を理解できれば「読める」ことが分かります。

次は「聞く」ケース。

「聞く」時は文が音声に変換されて情報として自分に伝わります。これを理解できるようにするには、まずスタート地点の文が理解できることが大前提ですよね?つまり音に変換される前の状態が分からなければ、聞いても分からないんですね。

その次は聞く側から話す側をイメージしましょう。話す側は、英文があって、それが口から話すことによって音声に変換される。もちろん文の作成と発話は瞬時に同時並行的に行われるのですが、分解すると文から音声に流れますよね。ですので、話す側も当然、英語の「文」についてしっかりと理解できていないと話すレベルには達しないことがわかります。

そして最後に、書くという作業も同じです。書くという作業は、「話す」際の音声変換作業が書き出しの作業に変わるだけですので、同様に文がスタート地点になります。

こう考えると、基本的には、どの4技能も英語の文に対する理解がベースにあることがわかります。

何度も言うように、もちろん「文」以外でも、発音の理解や、コロケーション、ニュアンス、アクセントなど、他の要素もたくさんあるのですが、本当に根底にあるものは何かと考えたとき、「文」がそれであると分かるのではないでしょうか。

これが分かれば、「文」が何から出来ているかを理解して、それら一つ一つに対するしっかり高めれば、あとは各技能にあわせてその知識を使える能力を磨く作業に入ればよいというのが、私の考えです。

それではその「文」と私が呼んでいるものは何から成っているんでしょう。

もうお分かりだと思いますが、「単語」と「文法」です。

この二つをおさえる必要があります。

長くなってきたので、今回はここまでです。

次の記事では、引き続き基礎づくりのお話しをしていきます。

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ





posted by ATSU at 17:00| Comment(2) | 英語の基礎づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも動画見させていただいてます。

Atsuさんはオンライン英会話だとRate jobを使われていたみたいですが、数あるサービスの中からRate jobを選んだ理由はありますか?

また1日何分間どういったことについて話されていましたか?

英語力を上げてから交換留学に行ったつもりだったのですが、帰国後急激に話せなくなっていることに気づき危機感をかんじています。

よろしければ参考にさせてください!!
Posted by みほ at 2016年07月20日 03:05
質問の場所がわからなかったのでここにコメントさせてもらいました。
動画を拝見させて頂いたのですが、単語帳や例文その他にある単語のうち発音の分からないものは一つづつ発音を電子辞書なので調べたのでしょうか?それとも付属のCDか発音記号で練習されたのでしょうか。
私は難しい単語の発音が分からず一つづつしらみつぶしに電子辞書でしていくしかないのかなー?と思っいます。よろしければ参考に教えて頂きたいです。
Posted by ふみこ at 2016年08月10日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: