2016年04月02日

私の考える「結果を出す人」の共通項

こんにちはATSUです。

さて、今回は「結果を出すこと」についてお話したいと思います。

これは英語だけに関わることではありません。起業、スポーツ、株トレード、等々何においても通ずる自身の目標としている結果を出す、自分の理想像に着々と近づくことのできる人にある共通項って一体何でしょうか。「ATSUなんか偉そうだな」と思われるかもしれませんね。見方によっては、私は何も成果を出せていないかもしれないし、逆にもの凄い成果を出しているかもしれない。それは見る人によって変わるでしょうし、それに反論する気も一切ありません。自分では、もちろん思い通りにいかない時もありますし、それによってイライラしてしまうこともあります。しかし最終的には、自分の理想に近づいていけていると思っています。しかし、そう思える人は意外と少ないんだなぁと、これまで英語学習方法に関する活動を行う方でおそらく何百もの人とブログやツイッターを通じてコミュニケーションをとる中で気づきました。活動の特性上当たり前かもしれませんが、「英語が伸びない」、つまり「自分の理想に近づけることができない」という方にも多く出会いました。その中で、結果を出せる人、自分の理想に近づける人とそうでない人の違いは三つの要素に集約できると強く確信するようになりましたのでお話しようと思います。

自分の理想に近づく人は以下を実行することが出来ると私は考えています。

1. 目標を最も効率的、効果的に達成するための方法を、現状分析に基づき自分で考え識別する。
2. 継続的努力を徹底して行う
3. 小さな成長を積み重ねることで、自信と意欲をベースとした正のサイクルを形成する。


この三つです。
一つ一つ説明していきます。

1. 目標を最も効率的、効果的に達成するための方法を現状分析に基づき自分で考え識別する。

自分の目標を達成するためには、どうすれば一番良いかを考えること。「そんなの当たり前じゃないか」と思う方が多いと思いますが、これが出来ていない方が正直ほとんどなんじゃないでしょうか。例えば、あなたが今リスニングの点数が伸びず、困っているとしましょう。あなたなら、どうやってリスニングの能力を向上しますか?
・ リスニングの問題集を購入し何度も解く
・ 同じCDを何度も聞く
・ 海外のドラマを見る
・ シャドーイングをする
・ ディクテーションをする
等々
様々な方法はあると思います。

私は、多くの方が「リスニングが伸びない」という状況に直面した時に、上記のようなその状況を改善する方法を考えることに飛びついてしまうのではないかなと思います。しかし、方法を見つける前に、そもそもなぜ今リスニングが伸びない、聞けないのか、という現状の細分化、分析をしないと、そもそもその方法が正しいかなんて、分からないと思いませんか?多くの方がなぜリスニングができないのか、そもそもリスニングはどうしたら出来るようになるのかということを一切考えず、何にでも効く万能薬があると信じ込み、それを探して躍起になっているような印象を受けます(ちょっと誇張しているかもしれませんが)。そして最終的に、「先生がリスニングはディクテーションが良いと言ってたからディクテーションをやる」とか、「とにかく沢山聞く必要があると聞いたから毎日5時間CDを流す」とか、自分で考えもせずに〜が言ったから、というような形で盲目的に学習方法を採用して、やっぱりあまり結果が出ない。そして他に良い方法はないか探す、という負のサイクルが形成されます。最悪のケース、それによって思ったように結果が出ず、諦めてしまいます。これは非常にもったいないと思います。リスニングであれば、なぜ理解できないのかじっくり考える。スクリプトを見れば、聞き取りを妨げている原因が、単語なのか、文法なのか、発音なのか、その他の原因なのか等、分かるはずです。スクリプトを読めば意味が分かるが、見ながら聞いてもそう言っているように聞こえなければ、それは当然発音が主原因なわけです。それが分かれば発音について勉強することにリソースを割けば良いと分かり、そもそも発音とは何か、学習方法はどのようなものがあるか、それら方法はそれぞれ何を達成しようとしているか、細かくブレークダウンして考えれば、無駄なく効果的な学習ができるはずです。発音が原因なのに、とりあえずディクテーションがいいらしいからと言われてディクテーションをしてしまうのは、どう見ても効率効果の点で最適ではないですよね。自分で考え、最適な方法を駆使する。それを意識することは、何においても重要だと思います。

2. 継続的努力を徹底して行う

一つ目の最適な方法の識別が出来ても、それを継続的に実践しなければ効果は出ません。どれだけ最適設計された学習方法でも、2週間やそこらで最大限の効果を実感することは普通はできません。しかしそれをよく理解せず、「1カ月やったけど、微妙だったからやめる」みたいなパターンの人、結構多いなぁと思います。「2カ月やったけど効果出ません」と言って、一日30分しかやっていないようなパターンも同じです。それなりの量をしっかりと継続的にこなさなくても結果が出るほど甘くは無いと思います。この継続的努力は個人的な感覚では出来ない人がほとんどです。言いかえれば、ここが出来るか出来ないかだけで、周りと大きな差が付きます。そしてここまでの1と2を達成することで、1と2の意図した効果以上の効果が実感されると私は考えています。それが次の正のサイクルの話です。

3. 小さな成長を積み重ねることで、自信と意欲をベースとした正のサイクルを形成する。

最適な方法で学習を最効率効果化し、それに加え継続的努力を行えば、ほとんどの場合自分の目標達成が可能だと考えています。目標達成をすること、それは「大きな達成感」を得ることに他なりません。大きな達成感は自分に自信とモチベーションをもたらします。目標達成から、また何か達成出来るという自信を獲得し、さらに学習しよう、もっと自分を高めたいというモチベーションが生まれてきます。これが次の学習の原動力となり、また1,2により目標達成し、3に到達する。このような正のサイクルが形成されるわけです。

いかがだったでしょうか。もちろんこれは私の考えであり、絶対的にこれが正しいというものは無いと思っております。何らかの形で私の識別した上述の3要素が皆さんの学習においてお役にたてれば非常に嬉しく思います。

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ




posted by ATSU at 17:00| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ATSUさま、

後藤大道と申します。

ごまんとある英語学習のブログの中でも、一級品の情報を提供し続けるATSUさんのブログを読むたびに、背筋を伸ばされています。

私も、自身のブログ『高校中退から豪州医学部へ』の中で英語について記事を更新しています。そのなかで、「日本人の英語を変える、ノン・ネイティブの英語を変える、iTELLian Cousre」という英語オンラインコースも展開しています。

同じオーストラリアで頑張っているATSUさんといつか日本の英語教育について語り合いたいと個人的に考えているものの、ブルームとメルボルンはいささか距離があります。

直接お会いする日はまだまだ先だとしても、まずは自分の名前だけでも知っていただけたらと思いメールを差し上げました。

ATSUさんの益々のご活躍をお祈り申し上げます

後藤大道
株式会社道(タオ)代表取締役
Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:01
ATSUさま、

ごまんとある英語学習のブログの中で、一級品の情報を提供し続けるATSUさんのブログには、
Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:05
ATSUさま

後藤大道と申します。

ごまんとある英語学習のブログの中で、一級品の情報を提供し続けるATSUさんのブログを読むたびに、背筋を伸ばされています。

僕も自身のブログ『高校中退から豪州医学部へ』の中で英語学習に関する記事を更新しています。また、「日本人の英語を変える、ノン・ネイティブの英語を変える、iTELLian Course」と銘打った英語オンラインコースも展開しています。

同じオーストラリアで頑張っているATSUさんにいつかお会いして日本の英語教育について議論したいと考えているのですが、メルボルンとブルーム(もしくはパース)はいささか距離があります。

ATSUさんに直接会う日はまだまだ先かもしれませんが、まずは名前だけでも憶えてもらうという意味も込めて連絡をさせていただきました。

ATSUさんの益々のご活躍をお祈り申し上げます

後藤大道
株式会社道(タオ)代表取締役

Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:14
ATSUさん、

すみません。コメントを書かせていただいたのですが、Comment(0)のままで反映されずに、複数のコメントを書いてしまいました。三番目のコメント以外は削除していただきますようお願いします。このコメントも削除してください。

よろしくお願いします。
Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:18
ATSUさま

後藤大道と申します。

ごまんとある英語学習のブログの中で、一級品の情報を提供し続けるATSUさんのブログを読むたびに、背筋を伸ばされています。

僕も自身のブログ『高校中退から豪州医学部へ』の中で英語学習に関する記事を更新しています。また、「日本人の英語を変える、ノン・ネイティブの英語を変える、iTELLian Course」と銘打った英語オンラインコースも展開しています。

同じオーストラリアで頑張っているATSUさんにいつかお会いして日本の英語教育について議論したいと考えているのですが、メルボルンとブルーム(もしくはパース)はいささか距離があります。

ATSUさんに直接会う日はまだまだ先かもしれませんが、まずは名前だけでも憶えてもらうという意味も込めて連絡をさせていただきました。

ATSUさんの益々のご活躍をお祈り申し上げます

後藤大道
Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:55
すみません。複数コメントでスパムみたいになっちゃいました。
Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:57
お願いしたコメント以外全部削除してくださっても構いません。本当にすみません。
Posted by 後藤大道 at 2016年04月03日 15:58
後藤大道さん

コメありがとうございます。

そうなんですね。
お互い英語学習をしているものとして、頑張っていきましょう!
いつか機会があればお願いします!!!

ATSU
Posted by ATSU at 2016年04月08日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: