2015年09月06日

英語学習ロードマップ 【永久保存版A】

こんにちは。今回は英語学習ロードマップの続きを書こうと思います。

英語学習ロードマップ.jpg

英語学習ロードマップは高い英語レベルを目指す上で必要な学習を私の経験を基に時系列的にまとめたものです。これは絶対的指標ではなくあくまで参考です。様々な人が異なる学習方法を紹介し、これが良いとかあれが悪いとか、言うと思います。しかし結局のところ絶対的な解は無いと思います。ただある程度そうした方法を実践した人間の英語力から、どの程度効果があり得るかは考えれば判断出来ます。そうやって考えて欲しいという思いもあり、私はYoutubeで自分の英語力の推移や現在の英語力を公開しています。皆さんしっかり自分で考えて何事も良い選択をしましょう。

さて進めていきます。

第一弾は前回記事にまとまっています。


前回の記事は基本的に英語の基礎づくりと私が呼ぶものです。
この基礎づくりの段階をおろそかにすると、今後試験資格の合格・高得点を目指す際や実際に英語の運用をする際に伸び悩むと考えています。実際、英検準1級やTOEICの英語(特に読解)というのは高校英語、もしくはそれに多少各試験特有の単語や表現が加わった程度のものです。それなのに、これらのレベルで高校英語(つまり基礎)は分かっているつもりだがこれらの試験で結果が出ない、という方がいます。それは自分では基礎が付いていると思っていても、実際は分かったつもりになっていて基礎が極められておらず、早く上に行きたいからと背伸びをしている状態だとは感じます。逆に言えば前回記事の内容を確固たるものにすれば、TOEIC900、英検1級、TOEFL100程度ならすぐに到達すると思います。私はそれぞれの試験に対し2カ月しか準備はしていません。

今回の記事は主に試験に関してです。試験は留学等での要件である場合、もしくは日本の就職市場である程度価値を持つ場合を除き、取得・獲得自体には意味は無いと思います。しかし、それらの学習プロセスのなかでまとめて新しいことを学べる、そして短期的目標達成がモチベーションになるという観点で個人的には好みます。

1.英検準1級

英検準1級は文法知識は高校と全く変わりません。基礎づくりの段階からここで新たに学べるものはより難易度の高い単語、文章でしょう。ゆえに新しく単語を追加的に覚えれば基礎づくりの後学習期間約2カ月でかなり余裕で合格出来ると思います。私の使用した教材は以下の2つです。

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

新品価格
¥1,728から
(2015/9/6 20:53時点)




2015年度版 英検準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

新品価格
¥1,944から
(2015/9/6 20:54時点)




単語と過去問。英語の試験学習の基本だと思います。
ちなみに新単語の学習と過去問を使った入念な学習だけで基本てきにどの試験も攻略出来る理由は基礎があるからです。
また個人的には各Part別問題集というものは好みません。

2.TOEIC900点以上

TOEICは日本ではおなじみの試験ですよね。日本(と韓国)でしか有名でないというのも正しい言い方でしょう。

TOEICは日本ではまだ就職等で評価されるようだし、学習内容+αの価値があるのでお得な気もしますね。試験代も安いですし、何度も受験出来ます。

さて学習方法は

現在地確認⇒単語⇒テクニック本⇒模試の繰り返し


が基本です。

TOEIC900点超えのストラテジーというのを@からFまでTOEIC 対策カテゴリーに載せていますのでご覧下さい。また以下の動画も参考にして下さい。




この試験の良いところは主に2つあって
1.これまで英検や受験英語といった少し堅苦しい表現の多い英語だけでなく、よりカジュアルな場面で使用される表現にも触れることができる
2.リスニングの比重が多い(50%)のため、必然的にこれまであまり重視されてこなかったであろうリスニングの学習が増える

という点があると思います。

3.英検1級

英検1級は難しいです。特に単語。おそらく1級単語はこれまで出会ったことのないような単語だらけになると思います。しかしそれがこの試験の良い部分です。新たな学習機会となります。

文章も難易度が上がります。例えばコンマの使い方等高校文法で出てこないような文法も少し見受けられます。しかし数としては多くなく、ゆえに学習の中でコツコツ覚え、かつ難易度の高い単語も習得すれば、あとは過去問で運用すれば十分に合格可能です。また最後に面接がありますが、ここまでの時点で独り言やレアジョブ等の英会話を継続的に行ってきていることを仮定すれば、対策は不要なくらい簡単です。実際私は試験前に書店で面接形式を確認して、特に準備もせずに行きましたが合格出来ました。今考えるとまだまだ下手な英語でしたが、普段から話すことに慣れていれば誰でもパス出来るような面接です。

学習方法は
PASS単⇒過去問
がまたベースになります。

詳しくは英検1級対策のカテゴリーの記事をご覧ください。


今日はここまでです。
次回はTOEFLやIELTSについて触れます。



最後に
ポチっとお願いします!







英語 ブログランキングへ


posted by ATSU at 21:12| Comment(20) | 英語学習ロードマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてATSUさんこんにちは。
英検1級を調べていてこちらのブログにたどり着いたんですが、
よくある質問かもしれないのですが、質問させてください。
僕は今愛知の大学一年で、toeflと英検一級を同時に勉強しています。toefl英単語3800をほぼ完成させたんですが、英検一級の単語では未知の単語がたくさん出てきます。
英検一級とtoeflは語彙レベルは英検一級のが高いのでしょうか?
英検一級、toefliBT100を越されてるATSUさんはどちらのほうが単語が難しい印象がありますか?

また、toefl388だけで英検一級に挑むのはやはり無謀でしょうか?
Posted by たつおみ at 2015年09月10日 18:08
申し訳ありません。二つ目の質問正しくは、「toefl英単語3800だけで英検一級に挑むのはやはり無謀でしょうか? 」
です。すいません。。
Posted by たつおみ at 2015年09月10日 18:11
こんにちは!はじめまして!質問させていただきます^^
私は現役高校3年生で小さいころから英語圏に居ました。日本の学校通ってから英語全然勉強していません。英語は海外の友達とSNSなどで連絡を取り合っているで、ほぼ毎日英語で話しています。ですが、まったく文法がわかりません。日本の学校はペーパー式テストが多いので文法について問われるとわかりません… 文法の穴埋め問題ならいつも感覚でいってます。大体合ってます。でもいざ関係代名詞とは何かときかれると、答えれません…泣 そこでもうすぐ大学受験なので一から日本語の教材で英文法学んだほうがよろしいでしょうか?ちなみに和訳ものすごく苦手です。泣泣
あと英単語の参考にATSUさんの英単語の中身を見せてもらってもよろしいでしょうか? :) どんなふうに絵やsynonyms、idioms、例文が書かれてるか気になります!参考にしたいです^^
質問が多くてすいません! I hope you reply to my questions! I'm definitely sure that it's going to help me alot~~~~ <3 by the way, sorry if my japanese sucks.. just don't mind it! thank you!
Posted by rennie at 2015年09月10日 20:21
USCPAの受験を考えている学生です。
USCPAの受験について調べている際に貴ブログを拝見し、ブログの主題と違うかもしれませんが、学生の時にUSCPAに合格されたAtsuさんにUSCPAについて是非お伺いしたいことがありコメントしました。
お忙しい中恐縮ですが、以下の質問についてご教示頂けますと幸いです。

@出願州はどこにされましたか?またその理由も差し支えなければ教えて頂けると幸いです。(学生の立場だとどこがいいかなどもご存知でしたら合わせて教えて頂けますと大変助かります。)

AUSCPA出願に必要な会計等の単位はどのようにして取得されましたか?もし出身校以外の機関を利用して単位を取得されたようでしたら、どこを利用されたか教えて頂けると幸いです。また、放送大学の単位を利用できるかもご存知でしたら教えて頂けますと助かります。

BUSCPAはどのように対策されましたか? (教材など) また、合格された今振り返って、どのような方法が一番独学者の対策として最適だと思われますか?

C勉強時間は合計どの程度かかりましたか?ウェブでは1000時間が合格の目安としてよく見られますが、実際のところこの数字はどの程度信憑性があるのでしょうか? (特に会計初学者、英語力はTOEFL 100/IELTS7.0程度の場合)
Posted by ベイツ at 2015年09月12日 04:17
たつおみさん
はじめましてATSUさんこんにちは。

英検一級とtoeflは語彙レベルは英検一級のが高いのでしょうか?
>語彙レベルは英検1級の方が高いと思います!
Posted by ATSU at 2015年09月12日 16:59
たつおみさん

二つ目の質問正しくは、「toefl英単語3800だけで英検一級に挑むのはやはり無謀でしょうか? 」

>1級用のものもやった方が良いと思います。無謀かどうかは過去問2回ほど解いてみれば分かると思うので、試してみて下さい。
Posted by ATSU at 2015年09月12日 17:00
rennieさん

日本の学校はペーパー式テストが多いので文法について問われるとわかりません… 文法の穴埋め問題ならいつも感覚でいってます。大体合ってます。でもいざ関係代名詞とは何かときかれると、答えれません…泣 そこでもうすぐ大学受験なので一から日本語の教材で英文法学んだほうがよろしいでしょうか?ちなみに和訳ものすごく苦手です。泣泣
>1から学ぶ必要もないと思いますし、特に文法用語なんて覚えないでください。また和訳が苦手なのも別に良いと私は思います。そもそも日本語と英語は違うもので、日本語は日本語として理解すれば良いし、英語は英語で理解すれば良いわけです。

現状ならセンターは満点取れそうですが和訳等がある二次試験がちょっと嫌かもしれませんね。

ただどうしても日本で行きたい大学があって、そこでそういった知識が無いと解けない問題があるならやっても良いと思います。

私がrennieさんなら海外の学部に進学します。

英単語の中身は過去にTwitterで公開しているのでもし良ければTwitterフォローして下さい!
Posted by ATSU at 2015年09月12日 17:06
ベイツさん


@出願州はどこにされましたか?またその理由も差し支えなければ教えて頂けると幸いです。(学生の立場だとどこがいいかなどもご存知でしたら合わせて教えて頂けますと大変助かります。)
>アラスカ出願でライセンスがワシントンです。

正直出願するのはどこでもよいので、一番学生として出願し易いアラスカにしました。



AUSCPA出願に必要な会計等の単位はどのようにして取得されましたか?もし出身校以外の機関を利用して単位を取得されたようでしたら、どこを利用されたか教えて頂けると幸いです。また、放送大学の単位を利用できるかもご存知でしたら教えて頂けますと助かります。
>商学部だったため会計関連の授業は全て承認されました。ゆえに出身校以外の機関は使っておらず放送大学のことは知りません。



BUSCPAはどのように対策されましたか? (教材など) また、合格された今振り返って、どのような方法が一番独学者の対策として最適だと思われますか?
>Beckerという教材をアメリカから輸入して学習しました。
皆さんザックリテキスト読んで問題を解きまくるのですが、私は会計に関してはテキストをとにかく何周もして問題は3〜4回解いて終了でした。



C勉強時間は合計どの程度かかりましたか?ウェブでは1000時間が合格の目安としてよく見られますが、実際のところこの数字はどの程度信憑性があるのでしょうか? (特に会計初学者、英語力はTOEFL 100/IELTS7.0程度の場合)

>もし全て合格点ギリギリならそれでも可能なのかもしれませんが私はもっとかけました。

8h*300日くらいだと思います(2400時間)。
ただその分合格は

FAR95
BEC86
AUD96
TAX85

でしたので、かなり余裕がありました。
Posted by ATSU at 2015年09月12日 17:11
ATSUさん

英検準1は過去の問題を見た所
語彙選択は高校レベルより結構難しいと思います。


TOEICは英検準1と比べると単語的にはそこまで難しくないですね。

また英検準1とIELTS5.5くらいだとどちらが難しいと感じますか?
Posted by yuki at 2015年09月22日 00:32
yukiさん

そうですね。単語的には難しくないですが、高校では習わないタイプの表現等はあるかもしれませんね。

同じくらいかもしれませんね。IELTSが4つのセクションの準備が必要なことを考えると準一の方が簡単かもしれません。
Posted by ATSU at 2015年09月22日 22:02
Atsuさん

コメントの返信おくれてしまい申し訳ありません。
USCPAについて詳細に教えて頂きありがとうございました。

追加で質問なのですが、USCPA取得までの費用はどれくらいかかりましたか?

Posted by ベイツ at 2015年09月25日 21:11
Atsuさん

続けてのコメントとなり申し訳ありません。
もしよろしければ、以下の私の状況を考えた時に、USCPAかUSCMA (米国公認管理会計士)のどちらのほうが適していると思われるか、Atsuさんのご経験を基に意見を教えていただけないでしょうか?

私は、将来的には監査法人や企業の財務部門ではなく、コンサル (戦略系やFAS)または投資銀行の投資銀行部門で企業のM&Aや成長戦略に携わりたいと考えています。その際に、比較的時間がある学生の内に、業務で必要とされる (または知識として持つと有利とされる)会計や企業財務の知識を体系的に習得したい、企業側に会計知識が有ることのシグナリングを示したい、仕事ではクロスボーダー案件に積極的に携わりたい等の理由からUSCPAの勉強を開始しようかと考えています。
USCPAについて調べてみると管理会計に特化した資格であるUSCMAを知り、学歴要件がUSCPAより甘いこと (USCMAには会計単位が必要ではありません)、試験範囲が狭いことから、監査に就きたい訳ではないならばUSCMAの取得でも良いのではと考え始めています。しかし、USCMAはUSCPAとくらべて認知度が低いと思われる事や管理会計のみの勉強になる等のデメリットもあり、どちらにすべきか悩んでいます。

Atsuさんの今までのお仕事や就職活動でのご経験から、私の志望するキャリアを考慮した時に、USCPAとUSCMAどちらのほうが好ましいと思われますか?
Posted by ベイツ at 2015年09月27日 01:50
ベイツさん

>総費用は30-40万円くらいだったと思います。


私は、将来的には監査法人や企業の財務部門ではなく、コンサル (戦略系やFAS)または投資銀行の投資銀行部門で企業のM&Aや成長戦略に携わりたいと考えています。
>まず投資銀行部門で働きたいという時点でUSCMAは除外されると思います。正直USCMAはよく存じ上げないのですが、management accountingの知識に特化しても、投資銀行で特にM&A等にはほとんど役に立たないと思います。。。

どうして投資銀行部門志望で会計資格なのでしょうか?
会計系コンサルでM&Aとかならまだ分かりますが。。。
私ならCFAとか、海外でファイナンスのマスター取るとかそういったことを考えます。

企業側に会計知識が有ることのシグナリングを示したい、仕事ではクロスボーダー案件に積極的に携わりたい等の理由からUSCPAの勉強を開始しようかと考えています。
>会計知識の有無をシグナルしたいのであればUSCPAの方が良いと思いますよ。結局財務会計の知識が一番重要ですし。税務知識も当然必要ですよね?


以上回答になります。
Posted by ATSU at 2015年09月27日 21:10
ATSUさん

返答頂きありがとうございます。参考にさせていただきます。
CFAも検討したのですが、CFAの資格要件に投資関連業務で4年の職務経験が必要で私のようなまだどの職に就くか分からない学生にはリスクが高いと感じたこと、全ての受験を終えるのに最低で2.5-3年が絶対に必要である、といったことからCFAよりもCPAをメインに考えていました。
海外のファイナンスのマスターはあまり確認できていなかったので、こちら検討してみます!
Posted by at 2015年09月27日 21:34
ATSUさん

返答頂きありがとうございます。参考にさせていただきます。
CFAも検討したのですが、CFAの資格要件に投資関連業務で4年の職務経験が必要で私のようなまだどの職に就くか分からない学生にはリスクが高いと感じたこと、全ての受験を終えるのに最低で2.5-3年が絶対に必要である、といったことからCFAよりもCPAをメインに考えていました。
海外のファイナンスのマスターはあまり確認できていなかったので、こちら検討してみます!
Posted by ベイツ at 2015年09月27日 21:34
Atsuさん

CPAについて質問があります。
1. 教材はどうしてBeckerを選ばれたのでしょうか?また、どこで購入されましたか?
教材選びをしているのですが、調べてみるとBecker, Willey, Bisk等が対策教材の代表であると知りました。しかし、日本でBeckerを扱っているのが、知りうる限りだとTACのみであり、値段も各教科4万円ほどします。(http://www.cpa-tac.com/us/courses/courses_etc.shtml) BiskやWilleyだとAmazonでも購入が可能で、各教科1万円ほどで比較的安価であるために、どの教材にしようか悩んでいます。もしよろしければAtsuさんがどうしてBeckerにしたか、またどのように購入されたか教えていただけないでしょうか?

2. USCPAの予備校は考えなかったのでしょうか?また、予備校などが提供してる日本語解説付きのテキストをどう思われますか?
予備校サイトを見ると、テキストの要点を日本語で解説したものを提供してるところが多く、私のような母国語が日本語の者であるならば そちらのほうが学習効率が高いのではと考えています。(英語力はTOEFL 100以上ありますが) しかしCPAに合格するにはテキストをおおまかに理解した後に問題を複数回繰り返し解くのが大切であり、問題を解くことのほうが大事だと認識しているために、大金を支払ってまでテキスト目的に予備校に通うのもどうかと考えています。
なるたけ時間とお金を節約して合格したいと考えているのですが、実際に独学でCPAを受験し合格されたAtsuさんからみて、USCPAの予備校のテキストのような日本語付きのものは効果的だと思われますか?
Posted by ベイツ at 2015年10月03日 14:51
Atsuさん

連投で申し訳ありません。
上記質問の1に関してなのですが、Beckerの過去年度出版の教材を試験対策用として使うのはどう思われますか?
安価に購入する方法としてオークションを見ているのですが、2013年度のBeckerが見つかりました。購入を検討しているのですが、実際2013年のものを2015年試験対策として利用することはどう思われますか? 試験範囲の変更や内容の変更がありうるとしたら、どこで確認することができるかご存知でしたら教えていただけると助かります。
Posted by ベイツ at 2015年10月03日 15:28
ベイツさん
CPAについて質問があります。
1. 教材はどうしてBeckerを選ばれたのでしょうか?また、どこで購入されましたか?
>Beckerの教材がよいとアメリカの掲示板等で聞くからです。
購入は全てネットで輸入しました。最新のものを買いました。TACで買うとBecker講師の英語の授業がついてきません。ネットでググれば様々な購入の選択肢が見つかると思います。


2. USCPAの予備校は考えなかったのでしょうか?また、予備校などが提供してる日本語解説付きのテキストをどう思われますか?
>基本要らないと思います。USCPAは英語の試験なので、あえて日本語でやる必要は無いかと思います。英語でどうも分からないな、という部分だけネットで日本語で調べるとか、その程度で良いと思います。


CPAに合格するにはテキストをおおまかに理解した後に問題を複数回繰り返し解くのが大切であり、問題を解くことのほうが大事だと認識しているために、大金を支払ってまでテキスト目的に予備校に通うのもどうかと考えています。
>私はその全く逆の考えをしているので、テキスト重視です。テキスト全部覚えれば、嫌でも問題解けます。また予備校に「通う」必要は無いと思います。

なるたけ時間とお金を節約して合格したいと考えているのですが、実際に独学でCPAを受験し合格されたAtsuさんからみて、USCPAの予備校のテキストのような日本語付きのものは効果的だと思われますか?
>以上が回答になります。日本の予備校は高すぎで、しかも日本語のテキストに大金をかけるなんてありえないと私も思いますよ。米国から輸入する方法いくらでもあるはずなので探ってみて下さい。
Posted by ATSU at 2015年10月09日 20:07
ベイツさん

連投で申し訳ありません。
上記質問の1に関してなのですが、Beckerの過去年度出版の教材を試験対策用として使うのはどう思われますか?
>年度が違うのはダメだと思います。科目の受験時期に合わせて最新のものを買うべきと思います。

確か試験内容の変更はAICPAのサイトか何かで確認できるはずです。
Posted by ATSU at 2015年10月09日 20:09
はじめましてATSUさんこんにちは、カナダに留学して7ヶ月が経とうしている者です。(16歳)
カナダの高校は9月から始まるので中学終わってすぐ3月から半年間語学学校に通っていました。現在は現地の高校に通っています。そしてカナダにはあと3年いるつもりです。お恥ずかしいことですが半年間もカナダにいて全然英語を(特に英単語)上達させることができませんでした。この調子ではほとんど英語が上達しないまま終わってしまうのではないかと不安です。今は学校を通う中で出てきたわからない英単語を暗記しています。
いちはやく英語を上達させるために今回日本から英単語帳を買ってもっと多くの単語を暗記することを決めました。ですがなにを買ったらいいのかわからないです。そこで質問なのですがどんなものを買ったらいいのでしょうか?何かおすすめのものはありますか?
長文しつれいしましたm(_ _)m

Posted by ネッツ at 2015年10月11日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: