2017年04月29日

私がこれまで使用した英単語帳まとめ

こんにちはATSUです。

今回は私がこれまで使用してきた英単語帳を一気にまとめてご紹介します。

以下関連動画になりますのでこちらも是非ご覧ください。



またこれらは私が実際に行った順番で構成されています!

それではさっそく一つ一つご紹介します!

1.速読速聴・英単語 Core 1900


1冊目はCore1900です!私が人生で初めて行った英単語帳で、人生で一番回転した単語帳です。
おそらく150周はしたかと思います。それはあの単語帳の状態が物語っています。。。笑

いまでもこの単語帳に含まれていた単語は長期記憶として保存され、忘れることはほぼありません。

単語帳の内容は基礎的なものが多く、日常会話から英字新聞、ニュースといった高いレベルにおいても、
頻出の単語が盛り沢山です。
この単語帳を見て「ちょっと難しすぎる」と感じる方も、正直これより下の単語帳というのは無いと思います。
というか、より簡単な単語帳は存在しますが、英語を今後しっかりと高いレベルに到達するまで学習しようと考えている人にとっては、このレベルは本当に最低限知っておく必要があります。

言い換えればこのレベルをしっかりとマスターすれば、基本的な単語は知っている、英単語の基礎は形成されていると言うことが出来るでしょう。

また含まれている英文(長文)のレベルは結構高いと思います。
英検準1くらいかなという感覚です。
これをしっかり読めるようにすれば当然読解力は上がりますし、
付属のCDのナチュラルスピードを聞こえるようにすれば、
それだけリスニング力も間違いなく上がります。

2.キクタンAdvanced6000


2冊目はキクタンAdvanced 6000です。
6000と書いていますが、実際1000語程度しか入っていません。笑
語彙レベルが6000語程度に到達するための単語帳、といった意味かと思います。
内容はCore1900よりも若干難しいが、難しすぎないという、痒い所に手が届くタイプの単語帳です。
この単語帳は受験期にCoreをある程度マスターし、もう少しだけ語彙力を増強したいと考えていた時に、
負担になりすぎず、かつちょうどいいレベルの単語帳だったためこれを選択しました。

キクタンという単語帳自体は今ではかなり人気もありますが、
個人的な感想としては、可もなく不可もなく、といった単語帳だと思います。

キクブン、キク英文法はオススメ出来ますが、キクタン自体はまぁ普通の単語帳だと思います。

CDも単語帳の名前の通りついていますが、一度も使用したことありません。
英語⇒日本語 という、英語学習において日本語が介在することを私は嫌うからです。

3.英検準1級 でる順パス単


3冊目は英検準1級を大学一年生の時に受ける際、購入したPass単です。
内容はCore1900+αといったところでしょう。
ほとんどCore1900をマスターした私にとっては、プラス要素が無かった単語帳です。
Coreレベルをまだまだ習得していないが、準1級に向けて学習を進めているという方にとっては学ぶ量はかなり多いと思います。
Coreレベルを習得出来ている場合は、念のため知っておく単語のモレを防ぐために行うとよいと思います。

4.TOEIC(R) TEST 英単語 出るとこだけ!


4冊目はTOEIC用の単語帳です。TOEICは、受験勉強ではあまり目にしないTOEIC独特の単語が存在します。
これを知っているだけでかなり大きな違いが出るというのが、私の印象です。

ゆえに、難易度が高いわけではないが、以外と知らないTOEIC頻出の単語を抑えるという目的で役に立つのが、
単語数は多すぎないがそういった部分をしっかりとカバーしている、この「TOEIC(R) TEST 英単語 出るとこだけ」です。

英単語の基礎が出来ていれば短期間(2週間程度)で完成できる量と思います。
これからTOEIC受験を考えている方にはオススメです。

5.英検1級でる順パス単

6.英検1級 文で覚える単熟語


この2冊は英検1級用に購入・学習しました。
メインで使用したのはPass単で、文で覚えるの方は補助です(モレを防ぐための単語帳)。

英検1級の単語帳は当然難易度が高く、人によっては「ネイティブも使わないから覚えても意味ない」と言う方もします。しかし私はそうは思いません。実際現地で英検1級の単語をかなりの頻度で耳にします。
もちろん、ネイティブが知らない英検1級の単語というのは存在するかもしれません。
しかしそれは比率としてはかなり低いと思います。

また単語の難易度を高すぎるように捉えてしまう原因は難解な日本語訳にあることがかなりあります。

以下動画で解説しているので是非見てみてください。





7.TOEFLテスト英単語3800


この単語帳はTOEFL iBTを受験するために使用した単語帳です。
著者の神戸さんはイエール大学でMBAも取得されている方です。

単語帳の評価も非常に高く、Amazonではベストセラーになっています。
おそらくTOEFL受験者は皆この単語帳をバイブルとしているのではないでしょうか。

内容は英検1級よりは多少難易度は落ちますが、それでも知らない単語はまだまだありました!
英検1級まで合格していても、やる価値ありです。
ランク4もちゃんと行いましょうね。覚えなくても良い単語はありません。

8.実践IELTS英単語3500


次に行ったのはIELTSの単語帳です。
これもIELTS受験者にとってはバイブル的存在でしょう。
イギリス英語ベースですので、すべてイギリス英語の発音、スペルで収録されており、
これまで米語ばかりに触れていた方にとってはそういった意味でも面白みがあるかもしれません。

内容はTOEFL3800と同程度のレベルの単語が収録されているという感覚ですが、
ここまで紹介した単語帳でカバーされていない単語も結構見受けられため、やる価値ありです。

9.DUO 3.0


次はDuoです。説明が要らないくらい、有名な単語帳ですね。
受験生はこぞってDuoを使っているのでしょうか。

私がこのタイミングでDuoを行ったのは、私が行っている英単語暗記プログラムでDuoを使用している方が多く、
内容を事前に私が把握する必要があったため購入し学習したというのが大きな理由です。

英単語暗記プログラムはこちらです(宣伝です笑)
https://www.atsueigo.jp/

また、ここまでの学習で基礎的だが知らない単語が無いかというのも確認したかったというのも理由の一つです。

Core1900と比較するとより口語的表現が多いことと、例文一つに複数の収録単語が含まれていることが特徴と思います。

実際に単語プログラムでDuo使用者の方がよく仰るのは、単語1つ目の意味を確認したときに、その意味のせいで例文の意味を思い出してしまい、ゆえに実際は単語の意味を覚えていないにも関わらず、それ以降の同一の例文に含まれている単語の意味を予測出来てしまうことがあるということでした。

ある単語の日本語訳の確認⇒その単語の例文全体が頭に浮かぶ⇒その例文に含まれる単語の意味がそれによって分かってしまう(実際に単語単体を見ても分からない場合でさえ)
という流れです。

私がお伝えしている対処方法は以下の通りです。

同じお悩みをお持ちの方は以下画像を見ながら説明を読んでみてください。

image.png

最初は例文の部分を見ず、単語の部分だけを視野に入れます。
そして単語を見たときに
a. 確実に分かる
b. ちょっと曖昧
c. 全く分からない


の3つのレベルに分けてaの時はそれで終了、b、cの場合はあとで意味確認ということで指でそこをおさえておくか、印をつけるなどして、すぐには意味を確認せずに次の単語に移ります。
つまり@⇒Gまでまず見て、最後に一気にHの意味確認を行うという流れです。
そしてその後一つ一つ例文作成をしていくということです。

こうすれば日本語の意味が分かることによりその単語を含む例文が頭に浮かび芋づる式に次の単語の意味が分かるという状況は避けることが出来ると思います。

ただ、現在まだ1周目ですし、たとえ芋づる式に意味が分かってしまったとしても、一つ一つ、しっかり意味を頭にイメージしながら発音して、例文作成をしていけば、
周数を重ねるうちに記憶に定着してくるものが多いと思いますので、これ以上は必要ないと思います。

10.ネイティブがよく使う英会話表現ランキング(語研)


10冊目の単語帳はこのネイティブフレーズ集です。
私の恩師ショーンクランキー先生が著者です。
だからオススメしているというわけでもなく、実際にネイティブが普段使用している単語帳がかなりの数収録されています。おそらく1500フレーズ程度含まれています。

これだけ覚えれば、日常会話でガンガン使える英語が身につくでしょう。
ただし、一つ難点を言えば、この単語帳、日本語フレーズに対して3つの英語表現を記した形になっており、
始点は日本語です。
これは良くないと思います。日本語は英語に出来るだけ介在させないというのが私の学習方法ですが、
これだと確実に日本語が始点に来てしまいます。
また索引も使いにくい。。。

頻出英語表現だけを知るために購入すると割り切って購入する必要があると思います。

11.「へこむ」を英語で言えますか?

12.日本人が知らない いまどきの英語

13.知っていると人生にコクがでるスラング事典


最後の三冊は完全に娯楽です。スラングなど、普段の学習だけではあまり目にしないような単語について楽しく触れるための書籍です。こんな単語もあるんだな、面白いなと楽しく読むための書籍ですので、英語力根本的に高めようとするときのバイブル的存在にはなり得ません。


以上私が使用した単語帳すべてです!
是非皆さんの単語帳選びに役立ててくださいね!

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ







posted by ATSU at 22:40| Comment(10) | 英語の基礎づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

Shape of You まとめ

こんにちは!
ATSUです。

今回は歌詞動画第三弾の

Shape of You - Ed Sheeran

のまとめをここに記していきます。

以下動画です。





歌詞はココには書けません。理由は最初の記事に書いています。ご了承下さい。

それではまとめていきます!

A lover ⇒ 恋人
Best place to do ⇒ するのに最適な場所

Where 主語 動詞 ⇒ 主語が動詞する場所
Where I go (俺のいくところ)
The bar ⇒ where I go

Me and my friends at the table (are) doing shots
Be 動詞省略 ⇒ 意味に影響を与えないから
Do shots ⇒ ショットを飲む

You come over and start up a conversation with just me
Come over ⇒ こっちに来る
Start up a conversation ⇒ Start a conversationの方がよく聞く気がする
Start upは
Start up the engineとか
Operationを開始するって意味で使う


Give it a chance ⇒ See how it goes
Give it a try ⇒ 試してみる とは少し違う

Put Van The Man on the jukebox
“Van the Man”
Van Morrison(イギリスのミュージシャン)のこと

Jukebox⇒音楽をかける機械(気になる人は調べてください)

Put A on the jukebox
AをJukeboxに置く ⇒ AをJukeboxでかける という意味

Start to do ⇒ 〜し始める

Like〜みたいに

You know that 文章
という形のThatが省略された形

Somebody like me
僕みたいな誰か ⇒ 僕みたいな人

Follow one’s lead ⇒ Follow someone’s guidance, direction
その人の教えや、行く方向に従うこと

May+動詞原型 ⇒ 〜かもしれない
Crazy(形容詞)

May + Be + Crazy になる

Mind A ⇒ Aを気にする

Let’s do ⇒ 〜しよう
Let’s not do ⇒ 〜しないようにしよう。

Grab ⇒ つかむ、手に入れる
Can I grab a beer?のようにも使う

Grab on ⇒ Onは接触のイメージ

Grab my waistでもいい

Put A on B ⇒ AをBに置く、のせる

Be in love with A ⇒ Aに恋している、Aを愛している
The shape of you ⇒ 君の形に

We push and pull like a magnet do
Push and pull ⇒ 押したり引いたり
Like ⇒ 〜のように
Magnet do ⇒ 本当はMagnet does

Although ⇒ 〜だけど
My heart is falling ⇒ 本当に恋に落ちているだけ

Be in love with A ⇒ Aに恋している、Aを愛している
Your body ⇒ 君の身体に

And now my bedsheets smell like you
Smell (形容詞) ⇒ 形容詞のにおいがする
Smells bad
Smells good
Smells like chocolate

Somethingは必ず後ろから修飾
Something new

Brand newはNewを強調してる

Someoneとかも後ろから ⇒ Someone smart

Let O do
OをDoさせる

Go out ⇒ デートに行く、でかける
On our first date
First date最初のデート

All you can eat⇒食べ放題

Fill up ⇒ 一杯にする
Bag ⇒ コンテナ

For ⇒ 期間をあらわす(なくてもいい)
For hours and hours
何時間も(繰り返すことで強調)

The sweet ⇒ あまいもの ⇒ 楽しいこと
The sour ⇒ すっぱいもの ⇒ 嫌なこと
The+形容詞 ⇒ 形容詞のものすべて
The poor貧しい人々 とか


疑問文じゃないので
How is your familyではなく
How your family is…

Leave and get in
⇒時間の流れ
Leave してGet in

Getは動きをあらわす
In the backseat ⇒ Backseatは空間だから(Closerでやった)

Make O do
OをDoさせる

以上まとめでした。

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ






posted by ATSU at 16:00| Comment(2) | 歌詞動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする