2016年08月31日

国内で英語力を上げてから海外へ

こんにちは!

ATSUです。

以前国内で英語力(スピーキング)を伸ばす「方法」を動画でご紹介しました。


「国内で」スピーキングを伸ばす方法は沢山あります!
私はもうオーストラリアに来てもう3年半ほどになりますが、スピーキングの基礎は日本で全て固めてからこちらに来ました。私の留学前(つまり国内学習によるスピーキングの成果)がどの程度だったか知りたい方は以下の動画も見てくださいね。





さて、動画で話したことがあるかと思いますが、
日本で出来る限りスピーキングの基礎づくり、底上げをしておくことは、
最終的に英語圏に出た後の英語学習ラーニングカーブにかなり大きな違いを生むことになると思います!

今日の記事では日本で学習してから海外に行くことのメリットについてお話しようと思います。

簡単に言えば、英語圏に行く前に日本で基礎づくりをしておくことは2つメリットがあります。

1.入ってくる情報量に雲泥の差が出る
2.英語話者が多い環境に入りやすくなる

この2つです。

1.入ってくる情報量に雲泥の差が出る

第一に、英語を日本でグッとのばしておくと、
英語圏に移ってからの入ってくる情報量がまったく違います。

仮に英語の学習をほとんどしていない状態で英語が沢山話されている環境に身を置いたとしましょう。
当然聞き取れるのは知っている単語、単語であり、知らない単語は自分の耳が拾ってくれませんよね(ノイズになってしまう)。

しかし英語の底上げを事前にしておくと、当然入ってくる情報量が増えてきます。それは一つ一つの単語という意味でもそうですし、文章の中での文法、発音、イントネーション、語彙の選択など非常に様々な切り口で異なる情報が入ってきます。

私は、ただ人が英語を話しているところを見て、聞き流すだけだとしても、この情報量の差というのは非常に重要な観点だと思っています。一方ではほぼ雑音として処理されてしまい、もう一方では意味を持った情報として入ってくるのですから、当然です。

例えばですが、
I accept the nomination and thank you all very much.
これは私がたった今Ellenという好きな番組を付けたら聞こえた最初の文章です。

これを聞くと
Accept,nominationなど単語の意味的ものから

Thank you ALL very much
のように皆を強調したいときはYou のあとにALLを付けるんだな

など、様々な切り口からの情報が入ってきます。

このようないろいろな情報として頭に入るのは、英語を既に学習しているからですよね。
これは、最終的に大きな知識量の違いとしても現れると思います。


2.英語話者が多い環境に入りやすくなる


また、英語がある程度固まった状態で英語圏に行けると、
それだけ英語話者が多い環境に入り込みやすくなります。
当然そのような環境に入れれば、話す機会も聞く機会も、必然的に増えてきます。

もしも英語が全然できません、という状態で英語圏に行ったところで、
住む家、働く場所、普段付き合う人は日本人にになる傾向が高くなりますし、
出来るだけせっかく海外に来たから日本人とは話さないで英語話者とだけコミュニケーションできる環境にいたい、と思ってもやはり英語力はその環境に入る上でネックになることは多いでしょう。

そうした意味で、英語の基礎を作り、日本で練習しておけば、今後自分にとってチャレンジングな成長機会に出会える確率は増えますし、ゆえに、英語も正のサイクルの中で幾何級数的に伸びていくことになります。

これは資産家のお金がドンドン急スピードで増えていくのとも似ていると思います。
まずは自分で英語力という名の資産を作ってから運用した方が、リターンの伸び率も高いわけです。

ちなみに、
こういうことを言うと、
それは人によるとか、努力次第とか、
いろいろと言う方がいらっしゃるのですが、
あくまで確率論でお話をしていますので、あまりそれだと議論になりません。
確率としてどうか、というのを頭に入れていただくと、より理解しやすいと思います。

いかがでしたか?

是非参考にしてください!

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ






posted by ATSU at 00:04| Comment(5) | 英語の基礎づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

英語の基礎づくりと英語学習の全体像 Part2

こんにちはATSUです。

ものすごい久しぶりになってしまい申し訳ありません。
以下の記事は実はかなり前に書いたのですが投稿していませんでした。。。
また再度ブログも頑張っていこうと思いますので応援よろしくお願いします。

前回の記事にひきつづき英語の基礎づくりと英語学習の全体像についてお話します。

関連動画は以下です。



前回の記事で、文は単語と文法から成っているというお話をしました。その続きをお話しましょう。

例えば

This is a country I always wanted to visit.

この国にずっと訪れたかった。

という文章があります。

まず分かるのは

This, Is, A, Country, I, Always, Wanted to, Visit

の8つの単語から成っています。

これらの意味を知らないと、文の理解はできません。

もちろん、いくつか分かって、推測して意味を取ることも出来るかもしれませんが、それが皆さんの求めているレベルではないはずです。

ですので、単語の意味を知っていることは重要です。

このとき単語は音と感覚を重要視する必要があるのですが、それは「単語暗記」の動画をご覧下さい。

そしてこれらが、どういう仕組みで動いているのか、どういうルールで配置されているのかというのが文法です。

まず

This is a country I always wanted to visit.

のThisが主語で、isがbe動詞で、a countryが補語であり、これは英語のルールのSVCで並んでいることが、文法を理解していれば分かります。理解していないと、なぜIsが先に来ているのか、そもそもなぜAreじゃないのかなども分かりませんね。Aが付いているのは、訪れたい国のうちのひとつだから、TheではなくAであることが、文法を理解していればわかります。

そしてCountryとIの間にはwhich/thatが省略されていたり、それが説明を付加するときに使われるものだということも、文法が理解できていれば出来るんですね。

ゆえに、単語の意味が分かり、文法が分かっていれば、文は理解できるはずだし、つくることもできるはず。音声変換を伴うリスニングやスピーキングの力も、単語と文法学習の中で音を意識して実際に声に正しい発音を目指しながらだしていれば、しっかりと向上します。

なぜ私が「英語の基礎」を単語、文法、その他に分解しているか、お分かりいただけましたか?

そして、動画でも言っているように、文法のように学習量が限られていてかつ文の根底にある文法を先にしっかりと固めて、あとはそれにのっとってインプットした単語を操る。操る練習をする中で、その他要素も少しずつ高めていく。

この学習を進めると、私が呼ぶ「英語の基礎作り」が完成します。

この形成された英語の基礎は、その後の英語学習全ての非常に力強い原動力になると思っています。試験資格の準備が非常に短期間で済むようになるだけでなく、実際に海外に留学したり、海外で働いたりする際の現地ならではの英語の吸収率も非常に高くなります。

さて、上でさっと触れたインプットした単語を文法知識にのっとって操る練習の方法ですが、日本国内であれば

「独り言」

「オンライン英会話」


この二つの組み合わせが非常に良いと思います。

これを毎日継続的に行ってください。

「週二回、一回1時間の英会話教室に行っているんですが伸びません」などという方。

当たり前です。それだけで、伸びるはずがありません。量と頻度が少なすぎます。

また「私は通う前よりも実際に伸びた」や「通わないよりは通った方がいい」などと反論する方がいますが、それも当たり前です。それは、何もしないのと、週二時間でも英会話をやるのでは後者の方がいいでしょう。しかし、そうした小さなレベルの話をしているのではなく、もっと飛躍的に英語を運用レベルにもっていくための話を念頭において話しをしています。

Betterを求めるのではなくBestを求めましょう。

Bestを求めるには、継続的に量をこなす必要があるので、やはりコスパ的には上の二つでしょう。

独り言に関しては動画も出していますし、過去に記事にもしているので是非ご覧になってください。



またオンライン英会話も、英会話教室に通うのと比べたら10分の1くらいのコストなのではないでしょうか。

ご存知の通り私はレアジョブ英会話
を使用していましたが、他にも色々今はあるようですので、見てみるといいかもしれないですね。

いかがでしたか?

是非参考にしてください!

最後にポチっとおねがいします! 



英語 ブログランキングへ





posted by ATSU at 17:13| Comment(2) | 英語の基礎づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする