2015年11月01日

モチベーションの維持・向上について

こんにちはATSUです。

今回は以前投稿したモチベーションの動画に関連付けて記事を書こうと思います。

モチベーションの動画



よくTwitter等で

「ATSUさんは会計学や英語等かなりの時間をかけて勉強していますが、どうしてそんなに勉強出来るんですか?モチベーションの維持等はどうしているのですか?」

といった質問を受けます。

そこで上の動画の中でモチベーション維持において重要な点として

1.やりたいことをやっているということの確認
2.目標達成時の自分の想像
3.毎日独り言等で自分の良く出来たことや改善点をポジティブに振り返る


を上げました。

動画のコメントで目標が定まっていればモチベーションは自然と出るという旨のコメントがありましたが、実は私も同感です。

目標が定まっているかはさておき、モチベーションというのは高めようと思って高めたり、維持しようと思って維持するものではないと私も思います。私も個人的にはモチベーションについて考えたり、向上させようと努力したことはなく、あくまで好きだから淡々とやってきたというのが正直なところです。自己啓発本も読んだことはありませんし、仮にそういったものを使ってやる気が出たとしても、一時的なものだと思います。なぜならモチベーションは好きだからやるというごく自然な感情と行動の組み合わせとほぼ同じだからです。(*自己啓発本を批判しているのではありません*)

ですので、私の上げた1つめのポイント

やりたいことをやっているか確認

というのがモチベーションに根本的に影響するものだと思います。

私もこれまでより深く知りたいとか、やっていて楽しいと思ったものしか結局結局しっかり学習していません。単純に考えて、好きで、やっていて楽しくないとモチベーションは出ませんし、辛いと思います。ですのでまず自分が本当に好きでやっているか、他人に流されたり、他人の意志で学習していないか、なんとなく必要になりそうだから、なんとなくやった方が良さそうだからといった感じで学習を進めていないか見つめ直してみると良いと思います。意外と見逃している方が多いと思います。

このように私は好きなことをやる、言いかえれば好きじゃないとやる気が出ないからやらないという人間ですので、好きじゃないが勉強しているという人に対しては「じゃあどうしてやっているの?やめて好きなことやった方が良い」と個人的に思うのが本音です。

とは言ったものの、好きじゃないけど勉強しているひとがいるのは事実だと思います。
もしくは英語であれば「英語が出来るようになりたい」とは思うのだが、英語を勉強するのは嫌いというパターンです。こういった人がかなり多いと思います。

こうした人たちが「英語の勉強」という行為を好きになるにはどうすれば良いか。それは

1.習慣化
2.圧倒的な学習量


この2つだと思います。これを最低でも1カ月頑張って続けるのです。

習慣化は過去に何度も言っていますがとにかく学習を一定時間行うことを習慣化して、学習しないことに違和感、不快感を感じるようにする。私が色々と学習を続けている理由もここに起因するところが少なくないと思います。

そして圧倒的な学習量です。時間の取れる人は一日8時間、徹底的に学習します。そして今勉強していることに対する知識や理解を短期間で幾何級数的に伸ばします。どんなものでも知っていれば知っている程楽しくなります。そして好きになります。実は私は学部生の時一番嫌いな科目は会計でした。会計の授業を取っていたとき何をやっているかサッパリ分からず、二度とこんなものは学習したくないと思っていました。しかし一度嫌な気持ちがありつつも本気で短期間勉強してみようと思い、まずは2カ月程一日8時間会計の勉強をしました(この頃学習の習慣化は元々好きな英語学習で身についていました)。するとその2カ月の集中的な学習のおかげで今までどうして分からなかったか、今分かっていることと分かっていないところはどこかが明確になると同時に、さらに会計というものについて知ってみたいという気持ちが芽生えました。このように、最初は嫌でもとにかく徹底的に短期間やってみることで好きになることも経験上あります。

英会話であれば
レアジョブ英会話

のようなオンライン英会話を使って毎日強制的に英語で話すことで習慣化+学習の蓄積を達成することも良い選択肢と思います。


少し長くなりましたが、個人の状況等を踏まえて参考にしてみて下さい。

最後に









ポチっとお願いします!



英語 ブログランキングへ






posted by ATSU at 21:19| Comment(39) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする